2011年9月9日金曜日

耳鳴り

数年前に左耳に異常を感じ医師に受診したところ、突発性難聴と診断され東京の某国立系大付属にて酸素カプセルなどの治療を一週間ほど入院して受けたが、顕著な改善が見られないまま退院。数ヶ月前に久々に当医院来院、その際耳鳴りの話をされました。横になると耳鳴りが消えるのだけど起きているとまた鳴り出すのだけれど、消えるときがあると言うことは、ある程度良くなるのでは ・・・・と、ご本人がいい、諦められないと言うお顔。じゃあ、やってみますか?うん!と言うことで、 「耳鳴り 」プロジェクト開始。噛み合わせの調整後、新し物好きな私は、彼を酸素カプセルに連れて行きました。聴覚テスト微妙にアップ。でも、耳鳴り止まらず。はい次、てな感じで、プレート(マウスピースのような物)による治療へ。プレートの調整を行い、2週間ほどして、 「最近時々耳鳴りが気にならないことがあるんだよね!」と、おっしゃり少し嬉しそうなお顔していました。更に、1週間後、顎関節のお話をしていて、ここいら辺にあって ・・・なんて言って耳の穴の中に人差し指を私のまねをして両耳に入れたとき、 「うん!}と言う顔した後、何度も入れたり出したりしていました。  「何にも聞こえなかった左の耳で指の出し入れの音が聞こえる!」えーっ!と驚いていらっしゃいました。