2011年8月10日水曜日

チャーミング スマイル

先日、老人ホームでここ何年間か入れ歯が合わなくてと、言って、義歯を使っていおられないおばあちゃんいらっしゃいました。お顔の噛む筋肉は、むろん、ほとんど使われていない状態です。

したがって、首から肩、胸、背中の筋肉までのバランスも悪くなってしまっているはず。
そこで、その合わないと言われている義歯を持ち帰り、そのおばあちゃんの大体の顎の形を復元して噛む感覚を思い出してもらう為の硬いマウスピースの様な入れ歯の様な物を作りました。先ずは、入れるのが大変そうな上の入れ歯を練習用マウスピースと代え上顎にフィットするように調整。下の入れ歯は古い入れ歯を調整。
噛み合わせも調整して、一日1回30分位のカチカチと噛む練習をしてくださいとお願いして1週間後の再会。私の顔を見るとニッと口を横に開いて練習用の入れ歯を嬉しそうに見せてくれました。

表情が戻ってきました。

先日、ある小児外科医の密着取材をテレビでしていました。生まれつき肺の片方に異常があったのか、横隔膜に異常があったのかとにかく、手術後その子が親に笑顔で抱かれている顔を見て呼吸が楽になったのですね。と、先生がおっしゃられました。その時あのおばあちゃんのチャーミングな笑顔を思い出しました。

--
院長:鹿野久代
からだ歯科 - 小林歯科
〒103-0013 中央区日本橋人形町2-1-12
Tel&Fax:03-3669-5568
====================================
からだ歯科に関する活動、ご予約、スタッフ紹介等、
当院のホームページでご確認ください。
からだ歯科に関するブログでからだ歯科活動の近況をお伝えしております。
コメント等、ご指導をよろしくお願いいたします。
からだ歯科はつぶやいています。参加してください。
もしくは、KaradaShika の フォローをよろしくお願いいたします。
====================================